ネイルケア美容家電でジェルネイルも簡単に!手順と使い方まとめ

  • LINEで送る

ネイルアートには、マニキュアを使うアート、専用ジェルを固めて行うジェルネイル、長さ出しに向いているスカルプチュアなどがあります。ネイルサロンで定期的にネイルアートをしている人もいますが、自宅でネイルアートを楽しむ人も増えてきています。セルフでジェルネイルをする際にも使えるネイルケア家電をご紹介します。

ネイルアートのいろいろ

マニキュア

出典:kupinapopust.mk

マニキュアはドラッグストアや百貨店などで購入でき、セルフでのネイルアートでは最も一般的な方法だといえます。

自然乾燥でマニキュアを定着させるので、しっかり乾燥するまでに爪に物が当たるとマニキュアが剥げたりよれてしまったりする上に、ツヤや色のもちもあまり長くないので、こまめな塗り直しが必要です。

マニキュアをオフするときには簡単に除光液でオフできます。

ジェルネイル

出典:wom-tv.lekumo.biz

ジェルネイルとは、アクリル合成樹脂からできているジェルをUVやLEDライト固める人口爪のことで、ぷっくりとした艶が出るのが特長です。

ジェルネイルは3~5週間もつので、マニキュアよりも付け替えの頻度が高くなく、爪の負担が大きくないので、近年ネイルアートの主流はジェルネイルになっています。

ジェルネイルをオフするときには、表面をやすり等で削ってから専用のリムーバーを使って落とす必要があります。

スカルプチュア

出典:lh3.googleusercontent.com

スカルプチュアはアクリルパウダーとリキッドを混ぜて作る人口爪のこといい、自分の爪よりも長さが出せるので、爪を長くすることで指をきれいに見せたい人に人気です。

ただし、装着時に爪の表面を削るために地爪の負担が大きいので、最近では長さ出しの時のみスカルプチュアを選択し、普段はジェルネイルにするという人が増えています。

またオフする時にも、まずスカルプの表面をやすりで削ってから専用のリムーバーで溶かし、さらに削ってオフするため、オフの時にも地爪に負担を与えてしまいます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る