電動シェーバーには洗浄剤が主流!水洗いにはないメリットとは?

  • LINEで送る

男性にとって毎日の朝の身支度に欠かせないのが「ヒゲ剃り」ですよね。 習慣になっていたとしても、時間に追われる日々の中でいちいちヒゲを剃るのは面倒に感じることも多いです。 また、毎日使うものだからこそマメに電動シェーバーを掃除しないと、剃ったヒゲのクズだったり皮脂や角質だったりが、電動シェーバー内に溜まって菌を繁殖させる原因になります。 不衛生な電動シェーバーを使い続けていると、ニキビや炎症などの肌荒れの原因となるため、面倒だと思っても清潔に保つことが大切なのです。 最近では、スイッチを押すだけで電動シェーバーをきれいにしてくれる自動洗浄機が付属している商品も多く販売されています。 これらは、専用の洗浄剤を使うことで手洗いでは取りきれない汚れまで落としきってくれます。 今回は、そんな電動シェーバーの洗浄剤について紹介いたします。

電動シェーバーの従来の洗い方

出典:kakaku.com

電動シェーバーは、カミソリと比べて肌を傷つけるリスクも少なく、手軽に利用できるヒゲ剃り用家電製品です。

スイッチを入れて肌に当てていくだけで、固いヒゲをどんどん剃っていくパワフルなものや、剃った後の肌がツルツルしているくらい深剃りできるタイプのものなど、さまざまな種類が販売されています。

そんな便利な電動シェーバーですが、なんといっても面倒に感じてしまうのが定期的な洗浄です。

出典:shavingguide.net

電動シェーバーは、たとえヒゲ剃りをした後のヒゲのクズを捨てていたとしても、刃の周辺や電動シェーバーの奥に溜まったヒゲのクズや皮脂、角質などは取り切れていません。

汚れが溜まったままの状態で使っていると、菌が繁殖して肌荒れを起こしたり、刃の切れ味が悪くなってスムーズにヒゲを剃ることが難しくなったりしてしまう可能性があるのです。

それを防ぐためにも、電動シェーバーは2日から3日に一度はしっかりと洗浄をする必要があります。

出典:cdn.kaumo.jp

これまでは、水を入れた容器の中に電源を入れた電動シェーバーを入れて、水の中で振動させることで汚れを落とす「水洗い」が主流でした。

しかし、これだけでは汚れそのものは取れていても、清潔さには欠けており、製品によっては水に浸けること自体ができないものもたくさんありました。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る