体重計に表示される筋肉量の平均値とは?ダイエット中の方必見!

  • LINEで送る

ダイエット中には運動で脂肪を燃やしたり、バランスの良い食事を心がけたりするだけではなく、体重計に乗って体重管理も行います。近年では安価な体重計でも、体重、体脂肪率、筋肉量(筋肉率)、BMI指数など複数の項目にわたって測定をしてくれるものが沢山発売されています。体重計で測れる項目はどのようなものか、またおおよその平均値などの知識を身につけて、より健康的なダイエットを行いましょう。

体重計で表示される主な項目

出典:www.tanita.asia

体重

体重とは体の重さそのもののことで、一般的には同じ身長であれば体重が軽いほど痩せていて、重くなるほど太っていると言えます。

ただし一概に体重だけで判断できるものではなく、同じ体積の脂肪と筋肉を比べた時には、脂肪よりも筋肉の方が重いのです。

同じ体重でも脂肪の付き方や筋肉量で痩せていたり太っていたりすることがあるため、体重はおおよその目安として捉えましょう。

BMI指数

大人のBMI指数計算式

BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

体重と身長の関係から肥満度合いを示す体格指数をBMIと言い、上記の計算式によって数値を導き出します。

体重計でBMI指数の表示があるものは、あらかじめ測定する人の身長を入力しておいて、体重を測ってBMI指数を計算しています。

日本肥満学会の判定基準によると、肥満度の判定基準は以下の様になっています。

BMI指数
18.5未満・・・・・・低体重(痩せ型)
18.5~25未満・・・普通体重
25~30未満・・・・・肥満(1度)
30~35未満・・・・・肥満(2度)
35~40未満・・・・・肥満(3度)
40以上・・・・・・・・肥満(4度)

出典:www.thehealthsuccesssite.com

体脂肪率

体脂肪率とは体重に占める脂肪の割合のことを言います。

体にある脂肪は体温調節や免疫機能、体を動かすためのエネルギーを蓄える役割を持っているので、生命活動には必ず必要なものです。

体重計で体脂肪を測定するときには、足の裏から微弱な電流を流して、その抵抗で体脂肪率を計算しています。

体脂肪率の区分けは5段階に設定されており、痩せ・標準マイナス・標準プラス・軽肥満・肥満に分れていますが、年齢や男性・女性によって必要な体脂肪量や、理想の体脂肪率が大きく違うため、標準値を参考に自身の体脂肪率と比較してみましょう。

体脂肪率平均値

○18~39歳男性

体脂肪率
10%以下・・・・痩せ
11~16%・・・標準マイナス
17~21%・・・標準プラス
22~26%・・・軽肥満
27%以上・・・・肥満

○18~39歳女性

体脂肪率
20%以下・・・・痩せ
21~27%・・・標準マイナス
28~34%・・・標準プラス
35~39%・・・軽肥満
40%以上・・・・肥満

筋肉量

実はダイエットや健康な体づくりに最も重視すべき項目は、この筋肉量なのです。

何もしていない時にも呼吸をしたり体温を維持したり、体中に血液を循環するために体はエネルギーを消費して動いており、これを基礎代謝と言います。

この基礎代謝は筋肉の量によって変化するため、筋肉量が少なければ消費エネルギーは少なくなり、逆に筋肉量が多いほど消費エネルギーが多くなるため基礎代謝も上がり、痩せやすく太りにくい体になるのです。

正確な数値は精密な測定をしなくては分りませんが、体重から体脂肪量を引いたものの半分の重さが筋肉量の目安となっているので、自身の筋肉量と筋肉率を計算してみましょう。

(例)

体重60kg 体脂肪率20%の人の筋肉量

①体脂肪量を計算します
60kg×20%=12kg

②体重から体脂肪量を引きます
60kg-12kg=48kg

③筋肉量を計算します
48÷2=24kg

④筋肉率を計算します
24kg÷60kg=0.4=40%

筋肉率の目安は男性・女性で違いがあるので、性別ごとにチェックしてみましょう。

筋肉率平均値

○筋肉率 男性

31%未満・・・・・・低い
31~35%未満・・・標準
35~39%未満・・・やや高い
39%以上・・・・・・高い

○筋肉率 女性

26%未満・・・・・・低い
26~28%未満・・・標準
28~30%未満・・・やや高い
30%以上・・・・・・高い

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]