電動自転車ユーザーが知るべきリミッターカットの恐ろしさ

  • LINEで送る

毎日の買い物や移動の際、電動自転車があれば楽に移動することができます。よく聞く電動アシスト自転車とは違い、ペダル操作も必要ありません。利用者にとっては大変便利な乗り物ですが、よく改造やスピードのリミッターカットなど、ちょっと変わった話も耳にします。電動自転車とは一体なんなのか、リミッターカットについてなど、詳しく紹介します。

電動自転車と電動アシスト自転車に違いはあるのか

出典:dot.asahi.com

電動自転車と電動アシスト自転車、どちらも聞いたことはあると思います。しかし、この同じように感じる「自転車」ですが、実は全く違うと言っても過言ではない、そんな違いがあります。その違いを理解するため、詳しく違いを紹介していきます。

電動アシスト自転車はパワーサポート役

電動アシスト自転車とは、よく知る普通の自転車に電動モーターが付いている、自転車の走行をサポートしてくれるものです。ペダルをこぐ時にモーターが働き、坂道などの走行を楽々にしてくれます。モーター付きの自転車ですが、特別な免許などは必要なく、誰でも乗りこなすことが可能です。

主婦やお年寄りに人気があり、今では多数の電動アシスト自転車が普及しています。基本的にはペダルをこぐ時以外は作動せず、またスピートの出し過ぎにならないよう、リミッターがかかっています。安全でいて快適に乗りこなせる、それが電動アシスト自転車です。

電動自転車はモーター自走ラクラク請負人

電動自転車とは、モーターの力によって自力で走行する自転車のことです。ペダルはついておらず、足を置くためのフレームが付いています。アシスト自転車との違いを分けるため、フル電動自転車とも言われています。

この電動自転車は原動機付き自転車になるので、乗るためには原付の免許はもちろん、ヘルメットなどの装備の着用なども必要です。また、自賠責保険への加入も義務付けられているので、入る必要があります。

ペダルを漕ぐ必要がないので大変楽で、道路はもちろん坂道も走ることができます。安全面では、事故防止のためにスピードを抑えるリミッターがかかっています。一定のスピードより上がらないので、不慣れな人でも安心して乗りこなせます。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る