炊飯器で焼豚作りにチャレンジしてみよう!炊飯器でジックリ煮込む

  • LINEで送る

焼豚(チャーシュー)は、ラーメン屋や中華料理屋で食べるもの。たしかにスーパーで買えるけれども、ちょっとお高め。食べたいけれど、作るのは面倒くさそう。そう考えている方に朗報です。なんと、炊飯器で焼豚が簡単に作れちゃうのです!

焼豚(チャーシュー)の作り方を考えると、炊飯器が便利

出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

「材料となる豚バラ肉ブロック自体は安価で買えるので作ってみたいが、味を染み込ませる調理が面倒くさそう」と考えている方も多いと思います。そう、焼豚を作るのは結構な時間がかかるのです。しかし、炊飯器を使えば、結構楽にできちゃうのです。

従来の焼豚作り

焼豚を作る過程は、もともと調味料の分量さえ調節で切れば簡単なもの。タコ糸で縛った豚バラ肉ブロックにフライパンで焦げ目をつけて、あとはひたすら弱火で煮込んでいくという作業です。

焼豚というよりは煮豚なのですが、実際にはラーメン屋の焼豚作りもこの容量です。ただし、この味が染み込んだおいしい焼豚を作るのには、数時間かかってしまうのです。

炊飯器の利点を上手に活用

ひたすら弱火で煮込むというのが、炊飯器の得意とするところです。ガスコンロを使うと、ずっと火のそばにいなければなりませんが、炊飯器で調理するのであれば、そばを離れても大丈夫。自分の部屋で作業をしてもよいし、外出しても大丈夫なのです。そのため、近年では炊飯器を使った焼豚(チャーシュー)作りが流行っています。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る