電気シェーバーのお手入れしてますか?メンテナンスをしてトラブル回避!

  • LINEで送る

多くの男性が使用している電気シェーバー、使用後のお手入れはきちんとできていますか?朝に慌ただしくヒゲを剃ったあと、そのまま洗面所の放置している…なんてことはないでしょうか。手入をしていないシェーバーは、剃ったヒゲや皮脂汚れで雑菌が繁殖しやすくなります。毎日使っているシェーバーは実は雑菌まみれになっているかもしれません。使用後のお手入れ次第で、剃り味やシェーバーの寿命も変わってきます。シェーバーのお手入れの基本をご紹介します。

1 シェーバーの手入を怠ると起こるトラブル

シェーバーは直接肌に触れるものです。ヒゲくずや皮脂が付着していると、内刃や外刃に雑菌が繁殖し不衛生な状態になります。衛生面以外にも、ヒゲくずが刃につまりヒゲの剃り味が低下したり、モーターに過剰な付加がかかり本体の故障の原因にもつながります。シェーバーのお手入れ不足は以下のようなトラブルを引き起こします。

出典:mojao-datsumou.net

繁殖した雑菌でニキビの原因に

顔は体のなかでも皮脂や汗が多く出る部分です。顔に直接触れるシェーバーの刃には、皮脂汚れが付着しやすくなります。また、ヒゲには常在菌が存在し、皮脂と混ざることでニキビの原因になるアクネ菌が増加します。きちんと洗顔しているのに、ニキビが改善しない…という男性はシェーバーの雑菌に原因があることもあります。

シェーバーのイヤな臭いの発生源は雑菌

皮脂汚れや雑菌を放置していると、シェーバーのイヤな臭いの発生源になってしまいます。皮脂は時間が絶ち酸化が進むと悪臭を放つようになります。

本体の故障にも繋がるヒゲつまり

剃ったヒゲくずが内刃にたまると、シェーバーの刃の動きが妨げられ剃り味が低下します。よく剃れないため、肌に強く押し付けることでモーターに過剰な負荷がかかり、故障の原因になります。

シェーバーの手入不足は、肌にもシェーバー本体にもトラブルを引き起こします。毎日使うものだからこそしっかりとした手入が必要です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る