電動自転車の速度はどのくらい?制限はあるの?

最近子育てに忙しいママの間で人気を集めている電動自転車は、さまざまなものがあります。 通常のものと違い、走行をアシストしてくれるので体が疲れにくく急な坂も無理なく登ることができます。 しかし、電動自転車はどこまで速度を出すことができるのかご存じですか? はたして、普通の自転車よりも速度が出やすく、目的地に早く着くことができるのでしょうか? 今回は電動自転車の速度について紹介します。

電動自転車ってどういう仕組みで速度が出るの?

電動自転車は備え付けられているバッテリーでモーターを回し、人がペダルを漕ぐ力と速度を感知したセンサーが、モーターの出力をバランスよく制御しながら走行します。あくまでも補助的な役割なので、バイクのように自走する能力はありません。

人が漕ぐのではなくモーターの力のみで進むことができる場合は、運転免許証が必要になりますが、原動機付き自転車としては認められないため免許もヘルメットも必要ありません。

坂道が多い道でも電動アシストによってすいすい進むことができ、通常よりも足の負担を軽減してくれます。

出典:

また、向かい風にも強いため力が弱い女性が漕いでいても、車体にぐらつきが起きにくく、安全な走行ができるというところもポイントです。

そんな電動自転車の速度は、自転車を漕いでいる人に力に左右されます。大体時速10~24km程度の速度まで、走行する力を補助してくれるため、通常の力で自転車を漕ぐ範囲であれば、ほぼ問題なくアシスト機能が働きます。

電動そのものの力で速度を出すのではなく、あくまでも人力で出ている速度に合わせて電力が働くのです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]