一眼レフのマニュアルモードを使いこなそう!これであなたもカメラ上級者!

  • LINEで送る
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

せっかくの思い出だからできるだけ自分がイメージするきれいな写真を撮りたい!そんなときは、カメラのオート機能だけではなく、一眼レフカメラのマニュアルモードです。 自由度が高く、自分で撮影設定をするため思い通りの写真に仕上げることができます。コツさえ掴めば一眼レフを始めて日数が浅くてもマニュアルモードで撮影することはそこまで難しくありません。 今回は、カメラ上級者に近づける一眼レフのマニュアルモードについて紹介いたします。

一眼レフカメラのマニュアル露出モードってどういうもの?

出典:encrypted-tbn2.gstatic.com

写真を撮影する際に、写真そのものの明るさを決めたり、ピントを合わせるということは基本的にカメラに備わっているオートモードによって、適切なものが選ばれています。

カメラが設定を選んでいることによって、ピントがぼやけてしまったり暗くて何が写っているのかわかりにくいような、いわゆる失敗写真の数が減るのです。

しかし、カメラが設定を決めてくれる代わりに自分がイメージした仕上がりとは違う写真も多くできてしまいます。趣味としてカメラを始めてしばらく経つと、できるまで自分の腕前で思い通りの写真を撮りたくなってしまいますよね。

そんな初心者から抜け出したい人におすすめなのが、カメラの「マニュアルモード」です。基本的に、最近発売されている一眼レフカメラは、通常であればオートモードによる撮影を行っていますが、設定を変えればマニュアルモードで撮影できる製品が多いです。

このマニュアルモードとは、オート機能を一切使わずにカメラの絞り値(F値)やシャッター速度の数値を撮影者自身が好きに設定して、撮影することができる機能です。

プロのカメラマンなどは、このマニュアルモードを使いこなしている人も多く、オートモードでは撮影できないような個性あふれる写真を撮ることが可能です。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る