一眼レフカメラの「ファインダー」を知って上手な写真を撮ってみよう!

  • LINEで送る

ファインダー越しの撮影は動き回る被写体にぴったり!

出典:blogimg.goo.ne.jp

ファインダー越しの撮影の魅力は、動き回る被写体の撮影がしやすいということがあげられます。

コンパクトサイズのデジタルカメラなどは液晶画面を見て撮影を行いますが、一度レンズに受けた光を映像に変換してから画面に映しているため、タイムラグがあります。通常の動かない被写体であれば、問題なく撮影できるレベルでも一瞬しかないシャッターチャンスをばっちりと捉えるためには少々不安な部分があるのです。

一眼レフは直接レンズ越しに入ってくる映像を見ることができるので、タイムラグがほとんどなくシャッターを切れば画面通りの写真を撮ることが可能です。つまり、きちんと被写体が画面におさまっているか、ピントが合っているかをファインダー越しに確認し、ベストなタイミングでシャッターを押すことができるのです。

ファインダー越しに見える映像と、現像した際にフィルムに写るものがほぼ同じであるため、イメージからかけ離れた失敗写真が出来にくいのも魅力の一つと言えるでしょう。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る