一眼レフカメラの「ファインダー」を知って上手な写真を撮ってみよう!

  • LINEで送る

子供の学校行事や友人との旅行や結婚式など、思い出として写真に残したいシーンはたくさんありますよね。 近年、デジタル一眼レフカメラは「デジイチ」と呼ばれ、性別や年齢に関係なく幅広い世代から注目を集めています。 カメラで写真を撮影する際に、液晶画面を見て撮影をしていますか? それともファインダーを覗き込んで撮影していますか? 一見、あまり違いがなさそうなこの二つですが、実はファインダーにはいくつか種類があり、それによって特徴が違うのです。 ファインダー越しの撮影は、液晶画面とはまた違う魅力があります。 今回は、そんな一眼レフカメラのファインダーについて紹介いたします。

一眼レフカメラのファインダーはどういったものが使われているの?

出典:aska-sg.net

一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラに使われているファインダーは種類が異なります。

デジタル以前の銀塩時代のカメラでは、ファインダーは被写体を見るための窓としての役割を持っており、撮影するレンズとは全くの別物でした。

しかし、カメラがデジタル化したことで、背面についている液晶画面でレンズに写り込んでいる部分をリアルタイムの映像で確認することができるようになったのです。

そのため、光学ファインダーを用いているデジタルカメラについては、撮影用に使われるレンズの他に映像確認用のレンズが別のところについています。

それに対し、一眼レフカメラは撮影用レンズのみであり、動きが速く捉えにくいような被写体であっても、ファインダー越しに写る映像をそのまま写真にすることができるという特徴があるのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る