一眼レフの中級機にはなにがある?初心者からのステップアップ

一眼レフはカメラの中でも高性能というイメージがありますが、一体どのようなものを選べばいいか悩んでしまいますよね。 一眼レフカメラには、入門機、中級機、そしてプロ機と呼ばれるものがあります。 これらは性能や価格に大きな違いがあり、自分のレベルに合わせた製品を選ぶことが重要です。 今回は、そんな一眼レフの中級機について紹介いたします。

一眼レフの中級機ってどういうもの?

出典:cameraama.com

一眼レフやミラーレス一眼などのデジタルカメラには、入門機(エントリーモデル)、中級機、上級機(プロ機)の3つに分けることができます。

この中で入門機は価格が最も安く5万から10万円程度で入手できるものが多いです。そして、中級機は最低でも10万円以上の値段であり、それなりの性能のものを求めるのであれば20万円前後の価格帯のものがおすすめです。

近年では、女性の間で首から一眼レフをかけて休日に撮影に出かける「カメラ女子」など、趣味としてカメラを使う人工が増えていることから、値段が手ごろな入門機が多く発売されています。

しかし、中級機やプロ機といった値段が高額のものの需要が無くならないのは、やはり値段に見合った性能と品質を兼ね備えているからに他なりません。

入門機と中級機は、値段だけでなくカメラそのものの基本性能、操作性にも大きな違いがあります。

また、入門機は一眼レフカメラの知識をそこまで深く持っていなくても、カメラ初心者が楽しんで利用できるように、あらかじめ機能が制限されているものもあります。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]