正しい一眼レフカメラの持ち方を覚えよう!写真の手ブレをこれで解消!

  • LINEで送る

カメラの正しい持ち方にプラスしたいポイント!

出典:livedoor.blogimg.jp

シャッターを切ったらすぐに指を離さない!

シャッターボタンは爪など指先で押さず、指の腹を使って押し込むようにしましょう。勢いよく押し込んでしまうとカメラそのものが、シャッターボタンがついている方向に傾いてしまうため、被写体が斜めに映る可能性があるのです。

撮影する瞬間だけシャッターボタンを押すのではなく、ゆっくりとシャッターを押していき、完全にシャッターが切れたことを確認してから指を外すようにしてみてください。

これによって、シャッターを切ることで起きる手ブレをできるだけ防ぎ、失敗写真を減らすことができます。

撮影の瞬間息をとめない

撮影の際は、手ブレで失敗しないようどうしても緊張してしまいます。

人は緊張するとその瞬間息を止めてしまうため、かえって手ブレが起きやすいのです。シャッターを切る時は、息を止めずにゆっくりと吐き出しながら撮影するようにしましょう。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る