スピーカーの音質低下はエッジの劣化かも!?どうやって交換すればいいの?

音楽は、生活の中で私たちに癒しや興奮を与えてくれる欠かせない存在です。 最近、愛用しているスピーカーの音が変わった気がする…。 そんな音質の低下は、スピーカーのエッジ部分が劣化したことが原因かもしれません。 スピーカーに使われているパーツは、長年使っていることで材質が劣化し、故障や音質低下の原因となるのです。 しかし、傷んでしまったパーツを交換することができれば、また以前のような綺麗な音を響かせることができるスピーカーもたくさんあります。 今回は、スピーカーのエッジ部分の交換方法について説明いたします。

スピーカーのエッジが劣化したかも!?まず何をすればいい?

出典:blogimg.goo.ne.jp

スピーカーエッジはウレタン素材のものと、それ以外の素材の二つに大きく分けることができます。
たとえ、今から30年や40年前に、手をかけて作られた高級スピーカーだとしても、ウレタン素材のエッジの劣化は避けることができません。

中古ショップやオークションなどで、欲しかったスピーカーを手に入れることができた時はとても嬉しいですよね。
しかし、年数が経過しているものは、スピーカーの各パーツが劣化している可能性があります。
価格が安いからといって安易に購入すると、かえって修理コストが高くなったなんて場合も考えられるのです。

出典:www17.plala.or.jp

しかし、エッジ部分であれば修理業者に頼まずとも自分で修理するのもそこまで難しくありません。
せっかく購入したスピーカーの寿命を延ばすためにも、ぜひ交換修理に挑戦してみましょう。

まず、エッジ交換を行う前に、再生した際に音が出る状態であること、またダンパーが変形していないことを確認しましょう。
コーン紙が破れていないか、コーン紙を押した時にボイスコイルが擦れるような音が出ないかといったことも重要です。

出典:i.ytimg.com

他のパーツにも音質低下の原因が隠れていると、たとえボロボロになったエッジを丁寧に交換しても、元の状態には戻りません。

これらに問題がないようだったら、早速エッジの交換を始めましょう。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]