スピーカーの寿命はどのくらい?劣化を防ぐためにできること

スピーカーは自分の部屋や車内などで音楽を楽しむ際に、欠かせない家電です。 値段も安いものでは数千円からありますが、高いものとなると一つで何十万もの値がつくものもあります。 しかし、値段が高いからいって必ず寿命が長持ちするわけではありません。 スピーカーの寿命は、基本的に故障によって音が出なくなることを指します。 さまざまな種類のスピーカーがありますが、具体的にどれくらいの期間使用することができるのでしょうか? 今回は、スピーカーの寿命について詳しく紹介いたします。

スピーカーの寿命ってどういうもの?

出典:img1.kakaku.k-img.com

スピーカーなどのオーディオ機器は、大体10年から15年ほどの耐用年数があります。
しかし、きちんとメンテナンスを行い、パーツ交換などをしていれば30年から50年持つような製品も存在します。

スピーカーの寿命というのは、基本的に「音が出なくなった」状態を直すことができなくなって初めて訪れます。
音が出なくなった原因を探し、パーツ交換やちょっとした修理で直るようなものであれば、更に長い期間使うことができる電化製品です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]