スピーカーの音割れをなんとかしたい!原因と対策について

車内や自分のプライベート空間で音楽を楽しむには、スピーカーが必要です。 始めは音質を気に入って選んだものの、長年使っている間に音割れが気になってきた…。 そんな経験はありませんか? スピーカーが音割れしてしまうのは、長年使っていることだけが原因ではありません。 音割れの原因をきちんと把握することで、メーカーに頼まずとも自分で修理できる場合もあるのです。 今回は、そんなスピーカーの音割れが起きてしまう原因と、できる対策について紹介いたします。

スピーカーの音割れってどういうもの?

出典:papimami.jp

スピーカーの音割れは、音を出しているスピーカーそのものの、信号の許容範囲が超えている場合に発生しやすいです。
大音量で音楽を流している場合、アンプの出力の限界まで音量が上がっている可能性があります。
そうすることで、低音がボツボツ聴こえザラついたような音になります。
波形が乱れることで音が歪んでいる状態であるため、人間の耳にとっては非常に不快な音です。

音割れの原因は、マイクやCDそのものの音質なども考えられますが、どんな音を出しても音割れが良くならない場合は、スピーカーが原因といえます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]