一眼レフで暗所撮影をするには?夜景を上手に撮る方法

月の綺麗な日や花火大会など、夜にしか撮れない風景というのも多いですよね。太陽が出ている昼間なら問題なく写真撮影ができるのに、夜は周りが暗すぎて綺麗に撮れないことも多いはず。そんな夜や暗所でも、デジタル一眼レフカメラを使って上手に撮影するための方法を見ていきましょう。

F値を下げる

出典:nightphotographyclass.com

「F値(絞り値)」とは、絞りを絞ることによって、レンズからどれだけの光を通すかを表したものです。
F値を上げる(絞りを絞る)とレンズから入る光の量は少なくなり、F値を下げる(絞りを開ける)とそれだけ多くの光を撮像素子に取り入れることができます。

暗いところでしっかりと被写体を写真に収めるためには、このF値を下げて絞りを解放してあげることによって、より明るい写真を撮ることが重要になるのです。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]