意外と簡単!結構安価!1日でできる自作スピーカーユニット

  • LINEで送る

好きな音楽を高い音質で楽しみたい!音楽を愛する人なら、息をするのと同じくらいに音楽を聞くことは大事なことと言ってもいいでしょう。そんな至福のミュージックライフに欠かせないのが、高音質のスピーカーユニットです。スピーカーユニットと言うと何か高価なイメージがありますが、実は簡単かつ安価に自作することができるのです。スピーカーユニットの作り方についてご説明いたします。

自作スピーカーユニットに必要なもの

出典:encrypted-tbn2.gstatic.com

スピーカーユニットを自作するために必要なものは、全てホームセンターで購入することができます。余程のことがない限り、お取り寄せや特注する必要はありません!

エナメル線と磁石

磁石にエナメル線をぐるぐる巻いて、コイルを作ります。磁石は円柱状のものが巻きやすいのでオススメですが、角柱状のものでも作ることは可能です。磁力が大きくなればなるほど大きな音が出ますが、値段も比例して高くなります。予算と音をどの程度出せる環境なのかを考慮して、磁石を選びましょう。

エナメル線は直径0.3mm~0.5mm程度が巻きやすく、かつ切れにくいです。10mほどあれば小型のスピーカーユニットに必要なコイルは作ることができますが、大きめのコイルを作る場合は電子部品を扱う専門店で数10m単位の長いエナメル線を購入しましょう。

ステレオケーブルと接続するクリップ

スピーカーとオーディオアンプやパソコン、CDプレーヤーなどを接続するためには、ケーブル線とクリップが必要です。短時間ならクリップを使用せずにセロハンテープなどの粘着性テープでくっつけてもかまいませんが、使用時間が長くなると発熱して粘着部が溶ける可能性があります。

厚手の紙(ケント紙や段ボールなど)

磁石の周りに厚手の紙で型を取り、その上からエナメル線を巻いていきます。巻き初めや巻く途中でエナメル線がたわみそうになったら、セロハンテープなどの厚みの薄いテープで留めるとずれずにキレイに巻けます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る