スマホがさくさく動く!メモリ解放を行ってみよう!

今や、子供から高齢者まで使っているスマートフォン。昔ながらのガラケーの様に、通話だけの利用だけではなくなってきています。パソコンよりも手軽でブラウザですぐに検索したりして、課題解決をしている方も多いと思います。また、スマートフォンアプリを探して、ゲームやメモ帳、スケジュール管理など多岐にわたって、いろいろな機能を使っている方も多いと思います。そんな中、スマートフォンが”ちょっと遅いな”ということはありませんか。今回は、さくさく動かせるスマートフォンの設定方法をご紹介いたします。

スマートフォンでは、ブラウザやメールをはじめ、アプリの原因が大きい!?

出典:octoba.jp

パソコンでは、ブラウザやメール、ゲームやその他いろいろなソフトウェアが複数起動されるとメモリを消費し、だんだんとパソコン自体が遅くなる場合があります。

パソコンでは、大きいサイズのメモリを搭載している場合が多いこと、メモリを使い切りそうな場合は、SSDやハードディスクといった記憶装置をメモリの代替として活用する仕組みがあるため、大量のメモリを消費するソフトウェアが起動していない限り、めったに遅くはなりません。

では、スマートフォンではどうなるでしょうか。

スマートフォンはパソコンと違い、メモリがストレージといった記憶装置であり、且つ、動作するためのメモリとして使われています。また、パソコンと同じで、アプリが起動される度にメモリを消費しています。

パソコンとの違いは、メモリの代替であるSSDやハードディスクといったデバイスが無い点です。メモリの代替が無いため、メモリを使い切ってしまうと、アプリだけでなくスマートフォンも動作が遅くなったり、動作しなくなったりします。

また、メモリとして使われることから、ストレージの空き容量も 0 にならないように注意が必要です。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]