タブレット教育の驚くべき効果と注意点!親子で学ぶアプリの紹介!

  • LINEで送る

タブレットを大人ではなく子どもが使っている姿をよく見かけるようになりました。すでに平成23年4月から文部科学省から小学校や中学校、特別支援学級でのタブレット教育「フューチャースクール推進事業」を取り入れはじめています。積極的にタブレット教育を導入する時代になりましたが、ここではタブレット教育の効果と注意点、そして親子で学べるアプリをお教えします。タブレットをどのように生かして学べるのか一緒に見ていきましょう。

タブレットで学ぶと子供の学習意欲が高まる?

出典:itmama.jp

今2020年に向けて、子どもが1人1台タブレットを持って学ぶスタイルを実現化するための取り組みがすでにスタートしています。

実際に子どもたちに教科書と一緒にタブレットを自宅へ持ち帰らせ、授業で使ったコンテンツを自由に見ることができる状態にしてその効果はどのようなものか実験を行いました。

出典:www.quickanddirtytips.com

その結果、子どもたちは宿題のみでなく、自ら予習復習をしたり、自分自身のわからないところを調べるといった自宅での学習率がなんと1.4倍にも増加することがわかりました。

親の目線から見ても、子どもが進んで勉強をする姿を10%も多く目撃したと答えています。

教師の方も、最初は紙の宿題の方をやって欲しいとの意見が多かったですが、今では子どもたちの勉強への態度が良くなり、意欲も感じるようになったという事実が認められ始めています。

子どもたちは、ゲーム機を使う楽しい感覚でタブレットを使って学んでいるということがわかりました。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る