体脂肪計でわかる「体年齢」って?キーワードは「基礎代謝」

体脂肪計で測定する時、体脂肪率より「体年齢」が気になってしまうという人も多くいます。「体年齢」はほとんどの体脂肪計で表示されます。実年齢より若いとうれしくなったり、体年齢が高いとがっかりしたりと一喜一憂している人もお多いのではないでしょうか。体の若々しさをズバリ判定されたような気分になりますが、そもそも「体年齢」とは何でしょうか。体脂肪計が示す「体年齢」と、「体年齢」を若く保つコツをご紹介します。

体脂肪計でわかる「体年齢」ってなんのこと?

体脂肪率は体に占める脂肪の割合、体水分量は体内に含まれる水分のことと察しがつきますが、改めて「体年齢」と言われると何を基準にして判定しているのかわかりにくいものです。
実はこの「体年齢」は各体脂肪メーカーによって、名前も計算方法にも若干の違いがあります。

体脂肪計の大手メーカーの<タニタ>と<オムロン>の定義を確認してみましょう。

出典:metabo-kenko.com

オムロン

「体年齢」

基礎代謝をもとに算出した体の年齢で、オムロン独自の指標です。
測定した体組成データをもとに総合判定しているため、身長と体重が同じでも「体年齢」の結果が異なります。

タニタ

「体内年齢」

「基礎代謝の年齢傾向」と「タニタ独自の研究による、体組成の年齢傾向」の2つから、測定した体組成が「どの年齢の体組成と近いか」を表示。

いずれのメーカーも基礎代謝量を元に判定していますが、それぞれ別の指標やデータを用いて算出しているため、同じ人が同じ条件で測定しても、メーカーによって「体年齢」の判定が異なる場合も考えられます。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]