カメラレンズの分解方法と注意点 – 分解掃除でカビや曇りを除去しよう!

  • LINEで送る
       
出典:homepage3.nifty.com すっぽり収まっているユニット群を引っ掛けて引っ張り出すのに使用します。細いピンセットでも代用可能ですが、失敗してレンズに傷が付く危険がありますので、なるべくカメラオープナーを用意しましょう。 ●レンズクリーナー レンズを拭いてカビや曇りを除去するのに使用します。 ●無水アルコール、中性洗剤 なかなか落ちないカビや曇りはレンズクリーナーにこれらを染み込ませて拭き取ります。 ●ピンセット 細かな作業において様々な用途に使用します。 ●ブロア 再組み立て時に埃が付着しないように使用します。 ●トレイ、布、シート この上で作業し、万が一レンズを落としたりした場合に傷が付かないようにします。

カメラレンズの分解方法

出典:stat.ameba.jp カメラレンズの構造はメーカーや製品によって様々ですので、分解方法もそれぞれで異なります。そのため一概には分解方法を説明できませんので、今回は基本的に共通していると思われる点だけ説明します。 まずレンズユニットの前玉の取り外しについてですが、ネジをドライバーで外し、前玉プレート・リングを外すのにはテーブル足カバーなどの円柱ゴムを利用します。前玉プレートや前玉レンズの取り外しは特に難しくないので、誰でも簡単に外すことができるでしょう。 前玉だけを清掃する場合はこれだけで済みますが、内部にカビが生えていてさらに分解する必要がある場合は、カメラオープナーを使ってユニットを引き出してさらに分解して行きます。
出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp 後玉まで分解できたら、無水アルコールや中性洗剤を染み込ませたレンズクリーナーでレンズ表面のカビや曇りを拭き取ります。


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る