三脚にクイックシューは必要?クイックシューがあると便利なシーンと弱点のまとめ!

カメラでじっくり撮影するときに不可欠なものといえば三脚です。三脚の購入や買い替えを検討中なら、クイックシュータイプの三脚がおすすめです。では三脚のクイックシューとはなんなのでしょうか?クイックシューはどんな時便利なのでしょうか?今回は三脚のクイックシューの使い方と、その弱点についてまとめてみました。

三脚のクイックシューとは?

三脚のクイックシューとは、カメラと三脚の脱着をすばやく簡単にするための装置です。

出典:image.rakuten.co.jp

カメラを三脚に取り付ける際、通常「雲台」と呼ばれる台にカメラを固定します。クイックシューがない三脚の場合、雲台とカメラの取り付けは雲台についているネジをカメラの底のネジ穴にねじ込んで固定します。

クイックシューは雲台に取り付ける台座部分と、カメラ側にねじ込んでつける部分の二つに分かれています。この二つの部分はレバーを引くなどのワンタッチの操作で簡単に脱着を行うことができます。

三脚のクイックシューの規格

クイックシューは各三脚メーカーが独自の規格のものを販売しています。そのため他のメーカーの製品との互換性はほとんどありません。複数のカメラを所有していてクイックシューの利便性を十分発揮するには、同じメーカーの同じ規格のものを複数購入しておくことがおすすめです。

アルカスイス規格やOEMのものは互換性がありますが、互換性がある分グラつきやすくあまりおすすめはできません。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]