「電子レンジで癌になる」は本当?ロシアで電子レンジが禁止されていた理由とは?

1996

より正確には「料理方法による」これに尽きます。

調理がうまくなければ料理が台無しになるのは電子レンジでも同じ、という事と、栄養管理に失敗していれば健康に良くないのも同じ、という事を科学実験で証明しているだけです。

電子レンジは放射線照射と同じ?

こうしたレポートの中でもっとも過激なものは、電子レンジによるマイクロ波照射は、放射線で照射した食物と同義である、そのため西側で開発された電子レンジは健康を損なうための兵器も同然であり、それゆえに旧ソ連では禁止されていた、というものがあります。

ここで先に一つ大きな誤解を解いておかなければならないのは、放射線とは「放射能」とは別という事です。

出典:www.emf110.com

放射能が人体その他に影響を与える中で発せられる放射線というのも確かにありますが、マイクロ波とはそこまでのエネルギーを持たない「非電離放射線」というジャンルに属しています。

強力なマイクロ波を浴びせれば生体組織の加熱やそれによる損傷が見られる、という程度になのです。

そのため、先にも書きましたがマイクロ波を食品に照射する事での変質は、通常の調理加熱と異なるところがほとんど無いのです。

むしろ電子レンジの方が有利な調理法もある

出典:madosoto.com

ちなみに、鍋などで煮込むより電子レンジを使った方が、むしろ栄養素が残るというケースもあります。

それが水溶性ビタミンで、野菜に含まれる栄養素の中でもビタミンCやB類は鍋で茹でてしまうと煮汁に溶け出してしまう一方、電子レンジの加熱の場合は溶け出さずに残ります。

<< 次ページに続く >>