エアコン室外機を屋根置きにする場合のメリット・デメリットとは?

  • LINEで送る

エアコンを設置するのには、エアコン本体だけでなく室外機も設置しなければなりません。この室外機は、意外に場所を取るほど大きなものですし、熱風などが出るために設置するところも限られてしまいます。そんなとき、屋根に置くこともできます。今回は、エアコン室外機の屋根置きについてご紹介していきます。

エアコン室外機の設置方法

出典:kankyo-sys.com

エアコン室外機の設置場所は限定される

エアコン室外機を設置するには、その性質上かなりの制約があります。エアコンメーカーのホームページから参照すると、エアコン室外機を設置する場所は、水平であるところ、室外機の重量を支えられるところ、室外機の騒音や振動が増大しないところ、雨や直射日光が当たりにくく風通しがよいところということになります。また、室外機の周囲の距離制限もあります。

これは、エアコンを動かすために、室外機が作動していることにより、振動や騒音がわずかながらでも発生するためです。窓用のエアコンは室外機が不要ですが、作動させるとそれなりに騒音や振動を感じます。こういったことが室外でなされていると考えていただければいいでしょう。

エアコン室外機の設置場所

それでは、どういったところにエアコン室外機を設置することができるのでしょうか?現在は設置器具を用いることで、実にさまざまな場所でエアコン室外機が設置することができるのです。

バルコニー

出典:www.sugano-js.com

ベランダなどに設置するタイプです。積雪や雨などに注意すれば、とくに設置器具が要らずに設置できます。

室外置き

出典:www.bisou24.net

庭先など家の外側に設置するタイプです。その場所の通路を通る人や積雪関係に注意しながら置くことが多い場所といえます。

2階から1階へ

出典:www.ele-home.co.jp

2階部分にエアコンを設置し、室外機を2階に設置する場所がない場合に、室外機を1階の家の外側に設置するタイプです。2階から1階まで長い配管が必要になります。

天井つり下げ

出典:www.denri.com

天井からつり下げるタイプの設置器具を用いて室外機を天井からつり下げる形で設置します。こちらはベランダなどのスペースが狭い場合や、ベランダ自体がなく室外機を設置できない場合などに行われるものです。

屋根置き

出典:blog-imgs-37.fc2.com

2階部分などにエアコンを設置し、室外機が2階に設置する場所がない場合に設置するタイプです。設置器具を用い、屋根部分に室外機を設置します。

壁面取り付け

出典:www.cityhouse.jp

家の外側に室外機を設置できない場合に家の外側の壁面部分に設置器具を用い、室外機を設置するタイプです。壁に穴を開けてボルト等でしっかり固定することで、落下等を防止します。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]