カメラレンズの互換性に関する基礎知識|レンズと本体はメーカーを揃えよう!

1993

互換性がないカメラレンズを使う方法

出典:dolls.orz.hm

互換性がないカメラレンズを使いたい場合は、マウントアダプターと呼ばれるパーツを取り付ける事で使うことができます。マウントアダプターは、様々なメーカーのカメラとレンズが取り付けられるため販売されている種類も多いですが、使用には制約もあります。

まず、カメラとレンズは電気通信を行い連動していますが、正規の組み合わせでない場合は連動できませんので基本的にすべてマニュアルで操作する必要があります。またカメラのマウント面から、フィルム面までの長さを「フランジバック長」と言います。

使いたいレンズのカメラのフランジバック長が、取り付けたいボディのフランジバック長より長くないと使う事ができません。

組み合わせによっては使えないこともある

例えばキャノンのフランジバックは44mm、ニコンのフランジバックは46.5mmですので、キャノンのボディにニコン用レンズを取り付けることはできますが、ニコンのボディにキャノン用レンズを取り付けることはできません。