喘息におすすめのお掃除機能付きエアコン紹介!アレルゲンを自動でカットしよう

1989

そのため、エアコンの冷たい空気は気道にとって刺激となり、喘息の症状を引き起こしてしまう人もいます。また、室内のカビなどのアレルゲンを含んだ空気をエアコンが循環させることで、掃除をしていても喘息の症状が良くならない場合があるのです。

エアコンの分解掃除をして喘息を予防しよう!

出典:images.padonavi.net

苦しい喘息の症状が出ないよう予防するには、室内の空気を清潔に保ち、刺激を減らすことが大切です。そのため、エアコンを使用するときは急激に温度を下げたり上げたりしないよう、温度の変化に体を慣らしていきながら設定温度を調整しましょう。

また、エアコンは室内にある空気を吸い込み、内部で設定温度に変化させてから吐き出しています。そのため、空気を吸う際はエアコン内部にホコリや花粉などのアレルゲンが付着します。

エアコンの内部には温度を一定に保つための水分が入っており、カビが繁殖しやすい環境でもあります。このホコリや花粉、カビを放っておくと喘息に影響が出るため、予防するには定期的にエアコン内部をクリーニングしましょう。