洗濯機の残り湯ですすぎはNG!洗濯に一番効果的なタイミングは?

お風呂に入った後の残り湯を洗濯に使用すると経済的だとわかってはいても、衛生面が心配だという方は多いと思います。では本当に不衛生なのでしょうか? 今回は、あまり知られていない残り湯洗いの真実をご紹介します。

残り湯はすすぎには使わない

出典:api.conobie.jp

毎日の汚れを落とすために入るお風呂。
当然ながら、その残り湯には汗や皮脂が混じっています。
そんな湯を洗濯に使ってしまったら、逆効果になるのではないかと考える方は多いのではないでしょうか。

もちろん残り湯に菌や汚れはつきものです。
たとえば、湯に浮かんでいる髪の毛やゴミなどを取り除いたとしても、あまり変わりません。
そのため、残り湯は洗濯の全工程に使うのではなく、洗いの時だけにして、すすぎには水道水を使ったほうがよいでしょう。

出典:www.oversixty.com.au

言い方を変えれば、洗いに限っていえば、お風呂の残り湯を使うことは何の問題もありません。
入浴剤入りの残り湯であったとしても、ほとんどの入浴剤は炭酸ソーダや重曹などのアルカリ材を使用しているため、むしろ洗濯向きです。
ただし、入浴剤のパッケージに、残り湯には使えませんとある場合は、色移りなどの恐れがあるのでやめておいたほうがよいでしょう。

洗濯に利用可能な入浴剤の中には、洗剤には反応しなくとも、柔軟剤に反応するものもあるので、パッケージの注意書きをよく読んで使用しましょう。

出典:ecx.images-amazon.com

また、風呂水清浄剤というものも出ています。
これは残り湯を翌日も追い炊きで入浴用に使用する場合や、風呂の湯を洗濯に使いたい方向けの洗浄剤です。

ただ、お金はかかってしまいますので、経済性の部分だけで残り湯の使用を考えている方には、不向きかもしれません。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]