スウェーデン製の空気清浄機が人気!実は日本の製品より優れている?

1968

空気清浄機といえば今大注目の家電です。各社しのぎを削った新製品の合戦が続いていますが、意外な理由で注目を集めているのがスウェーデン製の空気清浄機です。実は、日本製の空気清浄機より優れた清浄機能を持つと言われており、実際に鼻炎やハウスダストに苦しむことが減ったとの声も多数上がっています。今回は、そんなスウェーデン製の空気清浄機が人気を伸ばしている理由を解説していきます。

スウェーデン製の空気清浄機が人気!

出典:s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

PM2.5や黄砂、花粉に悩まされている人が増え空気清浄機の売り上げは伸び続けています。特にニュースでも話題になったPM2.5は花粉よりも粒が小さな大気汚染物質で、体内に入ると肺の奥まで入り込んでしまい肺がん、呼吸器系、循環器系への悪影響があると言われています。

またこのPM2.5と花粉が一緒に体内に入るとより強いアレルギー反応をしめす可能性があり対策が急がれています。これらの物質から身を守るために空気清浄機を使用する事が効果的ですが、中でもスウェーデン製の空気清浄機が注目を集めています。

スウェーデン製の空気清浄機、注目の理由は?

出典:stat.ameba.jp

何故、国内メーカーの空気清浄機ではなくてスウェーデンの空気清浄機が注目されているのか、それは日本と海外での商品評価基準の違いがあるからです。日本の大手メーカーは日本電機工業会(JEMA)が定めた自主基準をクリアした製品を販売しています。

<< 次ページに続く >>