中古スマートフォンはなにがおすすめ?選び方とメリット・デメリット

  • LINEで送る

2016年から携帯電話キャリア各社が料金プランの大幅改定を行っており、それに伴いスマートフォンの買い替えやキャリア変更を検討している人は多いと思います。その際の選択肢の一つとして、中古スマートフォンへの買い替えがあります。そこで今回は、中古スマホのメリットやデメリットなどを紹介して行きますので、中古スマホを選ぶ際の参考にしてみてください。

中古スマートフォンとはどんなもの?

まず最初に、中古スマートフォンとは何なのか、そこから確認したいと思います。格安スマホやSIMフリースマホを白ロムとごちゃ混ぜにして勘違いしている人がよくいますので、その違いから説明します。

白ロムとは?

白ロムとは、一言で言えば「SIMカードが抜かれた携帯電話」のことです。

携帯電話を利用するには、電話番号などの契約者情報が必要となります。一昔前は端末内蔵のロムと呼ばれる記憶領域に契約者情報が直接書き込まれていましたが、現在では自由に抜き差し可能なSIMと呼ばれる小さなカードに記録されます。

出典:www.amamoba.com

そしてこのSIMカードが差されてない携帯電話のことを、ロムに契約者情報が保存されていない真っ白な状態という意味から「白ロム」と言います。

またSIMカードの便利な点として、機種変更時に新しい端末にSIMカードを入れ替えるだけで済むという点があり、この際にSIMカードが抜かれた古い端末が残ります。これが中古スマートフォンとして出回る「白ロム」となります。

白ロムとSIMフリーの違いとは?

よく白ロムとSIMフリーとを混同している人がいますが、この二つは全くの別物です。白ロムは今説明した通りですが、ではSIMフリーとは何でしょうか?

先ほどSIMカードの便利な点として機種変更時にカードを入れ替えるだけで済むと言いましたが、実はこれには条件があります。それは、キャリア(携帯電話会社)を跨いでのSIMカードの入れ替えが、機種によっては制限されているという点です。

出典:weekly.ascii.jp

例えばドコモの一部スマホではドコモのSIMカードにしか対応しておらず、auのSIMカードを差してもドコモのスマホでは使えない場合があります。この制限のことをSIMロックと言い、SIMロックがかかっているかどうかは機種によって異なります。

しかし最近ではSIMロックがかかっておらず、どの携帯電話会社のSIMカードでも使用可能な機種が増えてきました。このSIMロックがかかっていないことをSIMフリーと言い、そのような機種のことをSIMフリースマホと言います。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る