iPhoneの電池残量表示がおかしい!2つの原因と対処法について

1960

3. バッテリーのリフレッシュ(キャリブレーション)を行う

バッテリーのリフレッシュとは、簡単に言うとバッテリーが0%になるまで使い切ってから、100%まで充電する方法です。バッテリーの負担が大きいので、頻繁に行うことは避け、多くても1ヶ月に1回程度にしましょう。

バッテリーのキャリブレーション方法

1.バッテリーを何らかの方法で使いきり0%にする(iPhoneが落ちるまで使用する)

2. すぐに充電せず、バッテリーをそのまま30分から1時間程度室温で放置する

3. 電源を入れてみて入ったら、電池を使い切るまで使用。(電源が入らない時は次へ)

4. さらに数時間から一晩程度放置する

5. 100%まで充電し、さらに数時間充電したままにする

6. 充電ケーブルを抜いて、電源を入れて起動する。ホームボタンと電源ボタンを長押しして、強制再起動する。

<< 次ページに続く >>