洗濯機の下水臭さは排水管トラップの不備?こんな時どうする?

洗濯機から急に、下水のような強烈なニオイがしたことはないでしょうか? 長年使っていて、掃除をしていないならまだしも、なかには引っ越ししてすぐや、新しい洗濯機を購入したばかりなのに、という方のなかにも下水臭で苦しむ方はいます。今回は、その原因を探っていきます。

下水管の臭いを防ぐ排水管トラップの不備が原因かも?

出典:kansei-zosan.co.jp

洗濯機の排水は通常、パイプを通じて排水管から洗濯後の汚水を排水します。基本的には、排水管には下水道のニオイが上ってこないようにするため、排水管トラップが設置してあります。排水管トラップとは、排水管の途中に封水部分のことです。封水とは、水を貯めて栓代わりにして、下水からの悪臭の防止や、害虫などの侵入を防ぐためのものです。

排水管トラップの汚れを取り除く

この排水管トラップの不備が、悪臭の原因の場合は多々あります。まずは、排水管トラップや、排水口に汚れや溜まっている場合です。排水管トラップには、洗剤のカスや髪の毛、洗濯の際に出る細かい埃や糸くずなどのゴミが詰まってしまうことがあります。

取り外せるなら外して、困難ならパイプユニッシュなどの塩素系の洗剤で溶かし洗うのがよいでしょう。せっかく下水のニオイを防いでくれる排水管トラップですが、それ自身が悪臭を放ってしまうようではモトも子もありません。

排水口の汚れがヘドロ状になり詰まってしまうと、排水自体もできなくなってしまう恐れがあるので、掃除は定期的に行ったほうがよいでしょう。

また、ごくまれに、排水管トラップ自体がない物件があります。この場合は、下水臭を防ぎようがありません。速やかに、大家さんや管理会社、工事業者に連絡してください。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]