iPhoneとパソコンの同期が遅い、同期がされない!そんな時にチェックしたいポイント

おわりに

iPhoneの同期が遅かったり、うまくできない理由についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。iPhoneの同期をiTunesで行う場合はiTunesが最新バージョンであることが必須となっています。iPhoneの同期を行う際にはiTunesのバージョンが最新になっているかをまず確認しましょう。

また、iPhoneで同期したいデータの量が多すぎるときにも同期に時間が掛かる原因になります。時々データを確認して使わないアプリを削除したり、不要なデータを整理したりとiPhone内の整理整頓をしておくと同期の際にもスムーズに行くことでしょう。

iPhoneのデータを定期的に同期しておけば、いざ紛失や盗難でiPhoneが手元からなくなる自体に見舞われても、普段使っていたままの状態で新しいiPhoneを使うことができますし、機種変更の際も同様です。

定期的な同期でいざというときも安心にしておきたいものですね。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]