iPhoneとパソコンの同期が遅い、同期がされない!そんな時にチェックしたいポイント

  • LINEで送る

iPhone側の確認事項

出典:ss7.vzw.com

バックアップするデータ量そのものが多い

当然ですが、iPhoneのバックアップデータの量が多いと同期するのが遅くなります。特にiPhoneを長く使っている場合はアプリの数が多くなってしまいがちです。インストールしているアプリの数が多い場合は使わないアプリを削除し(再びインストールしたければ可能です)、同期するアプリを整理するのも良いでしょう。

アプリのキャッシュデータ問題

iOSアプリによっては、アプリにキャッシュ(過去の表示データ)が大量に残っている場合があります。キャッシュデータがあることで、次にアプリを表示した時に早く表示できるメリットがあります。

しかし、データを同期する際にキャッシュデータも同期するので、同期のデータ量が大きくなりがちです。キャッシュの削除方法は個々のアプリによって異なります。キャッシュの削除が面倒であれば、上述の通り一旦アプリ自体を削除してしまう方法もあります。

iPhoneのバッテリー残量が少ない

iPhoneのデータの同期やiOSのバージョンアップの操作をする場合はiPhoneを十分に充電してから開始するようにしましょう。iPhoneのバッテリー残量が少ない場合途中でバッテリーが無くなり、電源が切れてしまう場合もあります。うまく同期作業ができないばかりでなく、不具合が起こる可能性もあります。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る