プロジェクターの縦横比は16:9と4:3どっちがいい?選び方のポイント

  • LINEで送る

プロジェクターは安価なものも増えてきて、ビジネス目的で使用する場合、会社によっては社内のすべての会議室に置いている会社もあるくらいに普及してきています。家庭用で映像鑑賞用としても手が出しやすい価格になっています。今回はプロジェクターを選ぶ際、どのような縦横比や明るさを目安にするのかポイントをお伝えします。

まずは縦横比を決めよう

出典:www.sora-video.biz-web.jp

まず、プロジェクターを選ぶにあたって、どの縦横比のものを選択するかを決めましょう。

プロジェクターの縦横比としてよく知られているのは、16:9または4:3です。他に映画向けのサイズもあります。16:9で作られている映像で代表的なものはデジタル放送のテレビ番組でしょう。

パソコンの画面には4:3の物が多いので、オフィスでプレゼンテーションを行うときには、4:3の画面で行われる事が多いです。また、4:3は以前のテレビの放送形式であったアナログ放送で使われていた縦横比なので、古いテレビ番組などは4:3で作られています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る