洗濯機と手洗いではなにが変わる?「手洗いコース」にできること

  • LINEで送る

ドライクリーニングは家庭ではできない?

出典:blogimg.goo.ne.jp

手洗いコースは、ドライクリーニングコースと言い換えているメーカーもあります。
しかし、クリーニング店のドライクリーニングと、洗濯機のドライクリーニングコースとは、まったくの別物であることは理解しておいたほうがよいでしょう。

クリーニング店で行われるドライクリーニングは、ウールの背広やレーヨンのブラウスなど、普通に水で洗ったりすると縮んだり、型崩れしたりする衣類のために開発された、まるっきり水を使わないクリーニング方法です。
水の代わりに使用するのは、有機溶剤といわれるものです。
有機溶剤は油汚れ(体内から出る皮脂汚れ、排気や大気による汚れ)を溶かして落とします。
洗濯機とは異なり、遠心力がかからないので、型崩れが起こりません。

出典:まあくん.com

一方、ドライコースは水を使うので、ドライクリーニングとは根本的に異なります。
最近は、「ドライマークが洗えます」と表も示された洗剤も販売されているので、勘違いされている方も多いかもしれませんが、ドライコースはあくまで「ドライクリーニングのマークがついたような衣類でも洗えるコース」という意味で、「ドライクリーニングができる」という意味ではありません。

ただし、ドライクリーニングでは落とせない汗などの水溶性の汚れには有効ですので、使い分けるとよいでしょう。
ドライコースで、さらに洗濯ネットを併用することでも、型崩れや繊維の傷みを防ぐことができます。
洗濯をする前にまずは取扱い絵表示を確認しておくことが大切になります。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る