IoTで外出先から空調制御!帰った瞬間から快適な「スマート家電」紹介

コンピューターに限らず家電などを中心になんでもインターネットに接続し、端末やセンサー化する「IoT」。空調への応用でも革命的な技術が開発されていますが、それらだけでなく、家電メーカーやIT企業による簡単なioT空調技術が既に販売されています。

本格的なIoTによる空調制御「ESCO事業」とは?

家電などをインターネットに接続する事で、あらゆるもののスマート化を進める「IoT」(Internet of things)。

個人の住宅だけでなく、オフィスやビルでも規模が違うだけで応用できる事から、家電メーカーやIT企業、通信関連企業などが大々的にシステムを開発する「囲い込み」型のサービスが続々と打ち出されています。

それらは家1軒、ビル1棟を丸々スマートホームやスマートビルにするようなものなので、当然多額のコストがかかりますが、その解決法として提案されているのが「ESCO事業」です。

出典:thebridge.jp

ESCO事業とは従来負担していた月々の電気料金に対し、IoT技術を使った照明や空調設備、その制御を行う事で削減できた電気料金の差額を初期導入費用やメンテナンス費用に導入する事で、設備や制御システムを実質的な負担ゼロで導入します。

様々な事業者から注目されている、話題のビジネスモデルです。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]