ガスコンロが赤い炎になったときはどうすればいいの?3つの原因と対処法

料理をする際にはほぼ必ずといっていいほど使う生活必需品のガスコンロに不調があれば、日常生活に支障を来してしまいます。ガス会社の人に来てもらうにしても自分の都合が合わず、すぐに対応できないこともあります。例えば、ガスコンロから赤い炎やオレンジ色の炎が出るといった不調は、正しい知識を持っていれば自分で問題を解決できるかもしれません。ここでは、ガスコンロから赤い炎が出るときの対処法について紹介します。

ガスコンロが赤い炎になる原因は?

出典:cdn-ak.f.st-hatena.com

ガスコンロの炎は通常青色をしています。この青色の炎のときが正常な状態なので、赤い炎やオレンジ色の炎など、青以外の色になったときは何らかの原因によって異常が発生していると考えましょう。

このように異常が発生した場合、基本的にはガス会社に連絡を入れてガスコンロを見てもらうのが良いですが、実は自分で原因を探って対処することも可能です。

ガスコンロから赤い炎が出る原因には次のことが考えられます。

①換気不十分による不完全燃焼
②バーナーキャップの掃除不足
③加湿機の使用による炎色反応




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]