カメラレンズにとってコーティングは命!コーティングが剥がれる原因とレンズの正しい手入れ方法

  • LINEで送る

カメラレンズは「コーティングが大事」だと言われています。カメラレンズのコーティングにはどんな役割があるのでしょうか?コーティングが剥がれるとしたら、どんな原因があるのでしょうか?今回はそんなカメラレンズのコーティングについて解説したいと思います。

なぜカメラレンズにはコーティングが必要なのか?

カメラレンズのコーティングには多くの役割があり、主に光の反射を防ぎ、効果的にRGBの光を取り込むことです。

出典:retina2a.up.n.seesaa.net

カメラレンズはガラスなので光を反射する

カメラレンズはガラスで出来ています。見た目には透明なガラスでも、ガラスは光を反射してしまうので光の透過率は96%程度です。つまり4%の光が反射してレンズの奥にまで透過しません。レンズは一枚のガラスではなく複数のガラスで構成されています。

例えば5枚で構成されているレンズなら、20%も光を跳ね返してしまうのです。それだけでなく、レンズの反射した光が複数のレンズの中で反射し続けると、ゴーストやフレアという現象を引き起こしてしまいます。レンズの反射を抑えて、光の透過率を高めるためにレンズコーティングが必要になります。

多層コーティングが必要なわけ

コーティングといっても、カメラレンズを構成しているガラスにコーティング剤を塗りこんで終わりという単純なものではありません。特殊なコーティング剤を「真空蒸着」や「スバッタリング」という先進の技術でガラス面に均一なコーティングを施していきます。光には波長があって、それぞれ異なっています。

例えば紫外線と遠赤外線では波長が異なっています。そのため高級なカメラレンズになると10層ものコーティングによって、各波長の光の反射を抑えています。レンズによっては、なんと99.9%の光透過率を誇っているものもあります。

コーティングでRGBだけ取り入れることも可能

デジタルカメラはレンズから取り入れた光を、CCDやCMOSというイメージセンサーで受光して光を電気信号に変換します。多くのイメージセンサーはRGB(レッド、グリーン、イエロー)の光の三原色で画像を生成します。そのためにカメラレンズにコーティングをして、RGBの光だけを効率よく取り入れるようにしています。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る