スキャナーのOCR機能って?精度の高いおすすめ商品をご紹介!

スキャナーはスキャンした紙を画像として認識するだけでなく、実は紙に書かれている文字を認識して文章化することができる機能であるOCR機能が搭載されているものがあります。このOCR機能を使うことで、紙資料を高精度にデジタル化することができ、古い資料でも読み取りやすくデータ化することが可能なのです。

スキャナーのOCR機能ってどういうもの?

出典:direct.sanwa.co.jp

OCR機能とは「 Optical Character Reader」の略であり「光学式文字読取装置」のことです。文章や画像が書いてある紙面などをスキャンすることで、その中に含まれている文字に相当しているパターンを検出して、内容を文字データとして取り出すことができる装置やソフトウェアです。

このOCRはスキャンした画像の中にある線の形状といったパターンを独自に解析し、文字や数字、記号を発見して文字データとして出力しています。もともとはハガキなどに記載する郵便番号の読み取り装置として使われてきました。

近年では家庭用スキャナーでも利用でき、かつ精度が高い製品を安価で販売できるようになったことで、ビジネスマンや学生など幅広い世代に使われています。たとえば、古い書類や書籍を電子化したり、帳簿、伝票などを読み取ってパソコンに文字として保存するためのシステムなどに応用されたりしています。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]