ガスコンロの接続方法まとめ!プラグが必要となる場合とは?

新しくガスコンロを設置したいというときはガスもれなどの事故を防止するため、ガスコンロを正しく接続する必要があります。ガス栓などの形状はそれぞれ異なってくる場合があるため、プラグが必要となる場合もあるのです。今回は、このガスコンロのプラグが必要な場合など正しい接続について解説していきます。

ガスコンロの接続に必要なもの

出典:www.nishida-cp.co.jp

ガスコンロを初めて接続しようとする場合、何が必要なのでしょうか?まず、必要なものについて挙げていきます。必要なものについては、接続するものとガス栓の形によって決まります。

ガスソフトコードであるゴム管で接続する場合はゴム管を用意

出典:thumbnail.image.rakuten.co.jp

まず、ガスコンロとガスの元栓を繋ぐゴム管が必要となります。このゴム管は、最近のガスコンロには付属していないことが多いため、新たに購入する場合、ゴム管を再利用できない場合は、ゴム管の購入も必要となります。

ゴム管は、都市ガス用とプロパンガス用に区別されています。購入する際は、対応するゴム管を選びましょう。

その他用意するもの

出典:ecx.images-amazon.com

その他に用意するものとしては、ガス栓の形により異なります。ガス栓の形がヒューズガス栓の場合は何も必要ありません。これに対してガス栓の形が床型ヒューズコックや壁貫通型ヒューズコック、コンセントヒューズコックの場合は、ガスソフトコード用ソケットが必要です。

ガスコードで接続する場合はガスコードを用意

出典:www.okayasanso.co.jp

ガスコンロとガスの元栓をガスコードで接続したい場合はガスコードを用意します。

その他用意するもの

出典:kanzaki.jp

ガスコードの他に用意するものとしては、やはりガス栓の形により異なります。ガス栓の形が床型ヒューズコックや壁貫通型ヒューズコック、コンセントヒューズコックの場合は、そのまま接続できるため、その他必要になるものはありません。

ガス栓の形がヒューズガス栓やホースガス栓の場合は、ホースガス栓用プラグが必要となります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]