カメラレンズの基礎知識!初心者が覚えておきたい基本用語まとめ

コンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジとデジタル一眼カメラ、いわゆるデジイチとの最大の違いはレンズが交換できるところにあります。そこで今回は、コンパクトデジタルカメラからデジタル一眼カメラなどに挑戦したいと思っている方のために、カメラレンズの基礎知識について説明していきます。

カメラレンズの大きさとカメラ

出典:news.mapcamera.com

カメラレンズは、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに取り付けて撮影するものです。これらのカメラについては本体とレンズ部分が別個になっており、撮影風景に応じてカメラレンズを取り替えて撮影することができることが特徴であり、利点になります。

通常のいわゆるコンパクトデジタルカメラといわれるものについては、カメラ本体にそのままレンズが取り付けられており、もう少し写り方が…、と不満があった場合はカメラ本体ごと買い替える必要があるのです。

カメラレンズとカメラ本体は対応する

カメラレンズを付け替えて撮影することができる、としましたが、カメラ本体に取り付けることのできるカメラレンズのサイズはそれぞれ決まっています。また、そのサイズはそのカメラやメーカーごとに異なっているのです。

このようなことから、レンズを買い替えたくない場合は、カメラの買い替えの際には手持ちのレンズの大きさを考慮しなければならなくなります。レンズの大きさが異なるカメラを購入してしまうとカメラレンズを併用することができず、カメラ本体購入の際にセットとなっているカメラレンズで満足できなければ、満足できる機能を備えたカメラレンズを新たに買い替えなければならなくなるのです。

カスタマイズを楽しむ

このようにデメリットはありますが、一眼カメラはコンパクトデジタルカメラに比べて、よりきれいな写真を撮ることができるとされています。カスタマイズやメンテナンスの面倒さを上回る撮影した写真の美しさというメリットがあるのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]