一眼レフカメラのスタビライザー機能とは?メリット・デメリットについて

1893

カメラを趣味にしている人は多いですが、一眼レフの魅力に取り付かれるとパーツにこだわりたくなりますよね。一眼レフカメラの手ブレを最小限に抑えるスタビライザーも人気のパーツの一つです。最近はカメラそのものにスタビライザー機能がついているものもあります。手軽に綺麗な写真や動画を撮影できるスタビライザーがあればますますカメラライフが楽しくなります。今回は、一眼レフのスタビライザーのしくみや用途などをまとめてみました。

一眼レフカメラとスタビライザーの関係

「スタビライザー・stabilizer」は「stab(突き刺す)+il(可能な)+iz(こと)+er(する人、こと)」と言葉がつながった単語で、「刺すことで固定する=安定させるもの」という意味です。広義では自動車のサスペンションを安定させる部品のこともさしますが、一般的にはカメラの手ブレを補正するパーツとして多くの人に知られています。