映画【007】のジェームズ・ボンドが愛用している腕時計まとめ

大人気映画シリーズである「007」の主人公、世界一クールでかっこいいスパイであるジェームズ・ボンドは身に付けているアイテムにも注目が集まります。ジェームズ・ボンドはオメガ、ロレックス、セイコーといった一流ブランドの腕時計を愛用していることでも有名です。本稿ではジェームズ・ボンドが「007」内で愛用している腕時計を紹介します。

1分でわかるジェームズ・ボンドと007

映画【007】はイギリス人の作家であるイアン・フレミングによる小説です。つまり007は小説を原作とした映画シリーズということになります。007はイギリスの秘密情報部(通称MI6)に所属する工作員、ジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ小説です。

出典:files.hangame.co.jp

作中で頻繁に使われた「The name is Bond. James Bond(ジェームズ・ボンドです)」や「A martini. Shaken, not stirred(マティーニを、ステアせずシェイクして)」といったセリフはアメリカ映画の名台詞ベスト100にもランクインしています。

イギリス人なのに大の紅茶嫌いでコーヒー派、お酒も嗜み、主にカクテルを好んで飲みます。上記で紹介した台詞も自分の好きなカクテルを注文する時のものです。

ジェームズ・ボンドはスパイ活動中、自分の判断で容疑者を射殺してもOKの認可証を所持しています。通称、「殺しのライセンス」です。007は任務中にジェームズ・ボンドに与えられたコードネームのことです。

アメリカではこれを「ダブルオーセブン」と呼びますが日本では「ゼロゼロセブン」と呼ぶのが一般的です。原作はイギリス人作家によるものですが有名な映画シリーズのほうはアメリカの制作です。ちなみに原作本国のイギリスでは「null null sieben」と呼称します。

原作小説の作者、イアン・レミングは本物のスパイだった

出典:imgc.allpostersimages.com

作者のイアン・フレミングは第二次大戦中、実際に海軍の情報部である【MI6】に所属しており、その時に経験を活かして007という小説を発表します。

発表当初の売れ行きは緩やかなものでしたが、時のアメリカ大統領であったケネディが愛読書の一つであると発表してからアメリカで大ヒット、映画シリーズ制作の大きな原動力となりました。

作者のイアン・フレミングの死後は版権を所持していた夫人に了承を得るという形で新作の小説や映画の製作が続きました。ご存知の通り非常に歴史の長い映画シリーズであり、主演のジェームズ・ボンドも複数のスター俳優が演じました。最初期はテレビシリーズが制作され、そこでジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリーのジェームズ・ボンドは未だに根強い人気を誇っています。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]