えっ!こんな用紙もあるの?家庭用プリンターで使える用紙の種類について

家庭用のプリンターを普段使っていますか?年賀状以外であまり使うことがないという人もいるかもしれません。オフィスでよく使われる一般的な白いプリント用紙にもいくつかの種類がありますが、その他にも家庭用プリンターで使える用紙は多くあります。お手持ちのプリンターの対応状況にもよりますが、中にはこれは紙なのかと思うようなものも印刷する事が可能です。では、家庭用プリンターでどのような種類の用紙が使えるのかをご紹介します。

プリンター用紙の種類

出典:www.atta-v.com

オフィスでも家庭でもプリンターで使う用紙でイメージするのは真っ白いプリント用紙でしょう。普段使っている白いプリント用紙にも用途によって幾つかの種類があります。主な種類には普通紙・上質紙・マット紙・写真用紙があります。以下にそれぞれの紙について解説します。

普通紙

PPC用紙もしくはコピー用紙などという場合もあります。オフィスで日常的に使われている用紙です。テキストの多い文書を印刷するのに向いています。色にじみを起こすので、イラストや写真などの印刷には不向きです。

上質紙

木などの原料から取り出した100%パルプを使用しているので、普通紙よりはやや厚く、触り心地が良い紙です。印刷した時の見た目も普通紙より綺麗に見えます。オフィスで使用する場合は、お客様先へのプレゼン資料を印刷して持参するときなど、改まった場でよく使われます。

再生紙

リサイクルした原料を元に作られた紙です。うっすらと色が付いている事が多いです。リサイクルの際にコストが掛かることが多いので、リサイクル品だからといって普通紙に比べて価格が割高になることもあります。

再生紙を使用しているとエコロジーへの関心が高いイメージがあることもあって、企業がCSR活動の一環として、パンフレットなどに再生紙を使用している旨を記載していることもあります。

マット紙

ツヤの無い紙で写真印刷に向いています。インクジェットプリンターでにじまない加工がされているのが特徴です。

写真用紙(光沢紙)

インクジェットプリンターで写真印刷をする場合に向いている紙です。印刷面はつやがあり、写真の綺麗さが際立つようになっています。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]