IoTでエアコンを外からでもつけられる?先進の海外のIoTについて

1876

外出中に急に肌寒くなった。逆に急に日差しが強くなった。そんな時に自宅で留守番しているペットの様子が心配になります。特に、暑さ寒さに弱い種類の動物の場合、外気温に合わせて温度の調節ができれば、急な気温変化があった時の心配が少なくなります。外出先からでも自宅のリビングの室温を調整できればな・・・。そんな時にIoTを利用して、職場にいながら自宅の温度調整ができます。外から簡単に室温調整ができるIoTについてお伝えします。

IoTについて

出典:www.leohouse.jp

IoT=モノのインターネット

IoTは”Internet of Things”の略で、日本語では「モノのインターネット」と訳されることが多いです。エアコンがインターネット上のクラウドと呼ばれる場所に接続することで、遠くに居てもインターネットを通じて、自宅のエアコンを操作することができます。

「すべてのものがインターネットにつながる」という意味で、単にエアコンがインターネットにつながるだけでなく、エアコンと他のインターネット端末やクラウドとつながり、相互にやり取りすることまでを含めてIoTと呼びます。

スマートホーム(自宅周りのIoT)

自宅周りのIoTについては、スマートホームと呼ばれることもあります。スマートホームでは遠方に住んでいる高齢の親の安否確認、子どもがちゃんと留守番しているかの確認、ペットの様子確認など、家にいる家族の状態チェック目的の場合が多くなっています。

IoTで家の家電とつながる

出典:www.fujitsu-general.com

「どこでもエアコン」で操作できる

富士通ゼネラルが「どこでもエアコン」というスマートフォン連携機能搭載のエアコン向けのサービスをおこなっています。スマートフォン連携機能搭載のエアコンに無線LAN機能を付加するアダプター「APS-12B 」を取り付けることで使用可能になります。