クーラーを24時間つけっぱなしはお得?電気代の比較&一番お得な設定について

夏には必需品のクーラーですが、長時間つけたままだと気になるのが電気代です。そのためこまめに消している人や、暑くてもクーラーは使わずに扇風機で我慢している人もいるはずです。クーラーはその都度つけるのと、24時間つけっぱなしとどちらがお得なのでしょうか。今回は、24時間クーラーをつけっぱなしにしたら電気代がどうなるかを調べてみました。

クーラーの消費電力は一定ではない

出典:netlog.jpn.org

クーラーは消費電力が大きく、夏場の電気代の多くがクーラーで消費されていると思っている人もいるはずです。しかし、クーラーは運転中ずっと同じ電力を使っているわけではありません。スイッチを入れたときなど「部屋をがんばって冷やす運転」をする際に多くの電気を使います。そして部屋の温度が下がると電力の消費は弱まるようになっています。

中には「強風」よりも、「弱」や「微風」の方が電気代はかからないと思っている人もいるかもしれません。しかしスイッチを入れて「弱」や「微風」などの設定にするとなかなか部屋の温度が下がらず、消費電力が大きいままとなってしまいます。クーラーの風量設定は「自動」にするのがおすすめです。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]