クーラーを使うと微熱や頭痛が…?クーラー病の原因と予防方法

  • LINEで送る

クーラーが無いと夏を乗り切れないという人も多いのではないでしょうか。快適な生活を送るために必需品のクーラーですが、ガンガンに冷えた部屋は実は「クーラー病」を引き起こす原因にもなります。「クーラー病」は手足が冷えて頭痛や微熱を伴うこともあり、女性だけでなく男性にも起こるのです。そこで今回は、これからのシーズンに向けて「クーラー病」の原因と予防方法をご紹介いたします。

クーラー病の原因と症状

出典:www.bali-web.jp

クーラー病は、急激な温度変化に体がついていけなくなった状態です。私たちの体は、夏になると毛細血管を広げ放熱しやすくしなり、血管が縮みにくい状態になっています。そのため長時間冷房の効いた部屋にいると体内の熱が逃げすぎて冷えてしまい、外との激しい温度差(5℃以上の温度差)によって自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

体温調整や発汗などは自律神経がコントロールしているため、冷えに対しての抵抗力が弱くなり頭痛や微熱、肩こりやだるさなどの症状が起こるようになります。自律神経の働きが不安定な乳幼児やお年寄り、冷房が強く利いている職場で仕事をしている人は、特にクーラー病にかかりやすいと言われているので注意してください。

クーラー病の症状

体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、微熱、神経痛、腰痛、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順など

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る