アップルウォッチのナビ機能はどれぐらい便利?メリットとデメリットについて

  • LINEで送る

アップルウォッチの標準アプリ『マップ』を使うと、地図の閲覧と目的地までのナビゲーション機能を利用することができます。『マップ』によるナビ機能の使い方とメリット・デメリットを紹介し、マップ&ナビゲーションアプリとして世界最大の利用者数を誇る『グーグルマップ』とどちらが便利なのかを比較して考察いたします。

アップルウォッチのマップでナビゲーション機能を活用する手順

アップルウォッチのマップアプリを使って、初めて行く場所までナビゲーションさせる手順を見ていきましょう。

1:マップアイコンをタップする

メイン画面のマップアイコン(上向きの矢印↑のようなアイコン)をタップして、マップアプリを立ち上げます。すると、現在地の地図が表示されます。

出典:www.openspc2.org

2:目的地を検索する

現在地の地図が表示された画面を長押しすると、『検索』と『連絡先』の2つのアイコンが表示されます。目的地が連絡先として住所登録されている場合は『連絡先』のアイコンをタップして、行きたい住所を選択しましょう。

目的地が連絡先として登録されていない場合には、『検索』のアイコンをタップしましょう。『音声入力』と『よく使う項目』、『履歴』が表示されますので、いずれかを選択して目的地の住所を入力します。音声入力で目的地を入力する場合は、番地まで全て正確に発音します。正しい住所がアップルウォッチに入力されたら、右上にある『完了』をタップします。

出典:support.apple.com

3:経路を選択する

表示された経路から、最適のものを選択してタップします。場所によっては経路が1つしかないこともあります。タップすると移動行程が地図で表示されます。問題がない場合は、右下の『出発』ボタンをタップしてナビゲーションを開始しましょう。

出典:livedoor.blogimg.jp

4:ナビに従って移動する

ナビが開始されると、移動距離と移動方向だけをシンプルに表示した『ナビ画面』が表示されます。「今、どのあたりまで来ているのかな?」と気になるときは、スワイプして『地図画面』に切り替えましょう。なお、『ナビ画面』と『地図画面』はいつでもスワイプすれば切り替えることができます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]