IoTで介護が変わる!「頑張らない介護」を実現するには?

  • LINEで送る

凄まじい勢いで高齢化社会に突き進む日本。第二次ベビーブーマー世代に対する積極的な支援を行わなかった事もあり、少子化にも歯止めがかかりません。となれば遠くない将来「IoT」無しには社会の成立が困難になります。待った無し日本社会の切り札「IoT」について学んでおきましょう。

もはや高齢者を支えきれない事は明らか

現在の高齢者、つまり戦後すぐの第一次ベビーブーマーである団塊世代を支えてきたのが第二次ベビーブーマー移行の働き盛り世代と、その子供たちです。

未だ多くの労働人口が存在する中でも低賃金や不十分な社会保障制度の中で十分な高齢者福祉が提供できない事が問題となっていますが、本当の苦しみはこれから始まります。

出典:www.nta.go.jp

第一次ベビーブーマー世代は高度経済成長期に支えられて第二次ベビーブーマーを生みましたが、その第二次ベビーブーマーが家庭を持ち、子供を作ろうという時代の経済政策の失敗で、日本は第三次ベビーブーマーを生む事ができませんでした。

それ自体は過ぎた話でどうしようもありませんが、少子高齢化時代への突入が明らかになった中で、労働人口が支えきれない高齢者は、それでも生きていかなければいけません。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る