スキャナーで読み取れない時に知っておきたい7つの対処法

  • LINEで送る

スキャナーは写真や紙媒体の文書を画像とてパソコンに取り込むことができる便利な機器です。そのためオフィスや大切な文書を残しておく時や、家計簿をつけるときにレシートを読み込むとき、または昔撮影して既に現像済みの写真をデータとして保存する時などに使われています。そこでスキャナーで読み取れない時、修理依頼を出す前にチェックしたい項目を紹介します。

スキャナーとはどんなもの?

スキャナーは紙に書いてある文書や紙に描いた絵、写真などを画像データとしてパソコンに取り込むことができる機器です。スキャナーは、スキャニング機能のみを搭載しているものもありますが、コピー機能とセットになっているものもあり、企業や一般家庭などいろいろな場所で使われています。

大量に書類を扱うオフィスでは、大切な書類をファイリングして保存しますが、書類の中から必要な書類を探す時にはファイリングしたもののなかから書類を探さなくてはならず、探す時間や手間がかかってしまいます。

出典:img1.kakaku.k-img.com

しかしあらかじめスキャナーを使って保存しておけば、データの名前や項目ごとに分けたフォルダの中からデータを探すことができるので、書類を探す手間が必要なく、またデータとして残しておくことで紛失などを避けることができるのです。

また一般家庭でも、フィルム式のカメラで撮影した写真をデジタルデータとして残す時にスキャナーが使われることがあります。現像した写真をアルバム保存していると嵩張ってしまうため、画像データとしてパソコンや外部メモリに保存しておくことで場所を取らないというメリットがあります。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]